東京エリアでタクシー運転手転職| 給料保障・好条件求人

40代・50代で転職!タクシードライバーの現実【年収・将来性・未経験からの挑戦】

40代・50代で転職!タクシードライバーの現実【年収・将来性・未経験からの挑戦】40代・50代の転職はこれまでのキャリアを活かしたものが一般的ですが、年齢によって転職先の選択肢が狭まることも確か。人によっては「40代・50代で転職するのは絶対に無理だ・・・」と感じている人も多いのではないでしょうか?

しかし、タクシー運転手なら40代・50代という年齢がネックになることがなく、全くの未経験者でも比較的簡単に転職することが可能です。とはいっても、給料や待遇、自分でもやっているけるのか、将来性はあるのか?といった不安も多いかと思います。タクシー運転手という仕事は「ブラックだ!」と噂されることが多いですが、実際にはそんなことはありません。

そこで、当ページでは40代・50代でタクシー運転手への転職を考えている方の気になる給与や待遇をご紹介したいと思います。

年収・待遇

まず一番気になる年収・待遇に関して。リクルートが運営する求人サイト「はたらいく」の調査によると、2014年~2015年のタクシー運転手の平均年収は275万円です。

タクシー運転手の平均年収と月収

しかし、これはあくまでも平均です。タクシー運転手の平均年齢をご存知ですか?全国平均は57.6歳、ほとんどが50代~60代。月収は平均して20万円貰うことができ、多くのタクシー運転手は会社を定年退職して働いていますので、ガッツリ稼ぐ必要がありません。

そのため平均年収が275万円となっているわけです。

タクシードライバーの給与は「基本給 + 歩合」で頑張れば頑張るほど年収が上がるはずなのに、平均年収が高くないのにはこういった裏があるわけです。40代の場合はまだまだ子供や住宅ローンでお金を稼ぐ必要があるかと思いますが、40代で年収700万円近く稼ぐ人は珍しくありません(もちろん、頑張っている50代でもそれぐらい稼いでいる方はいます。)

稼げるタクシー会社を選ぶのも必須

高給与のタクシードライバーになるためにはタクシー会社選びも大切。タクシー会社によって取り仕切っているエリアが違い、当然ですが大手の方がエリアも広く稼ぎやすいです。大手企業を顧客として持っていることもあるので、完全予約制(街中でお客さんを拾わない)として働くことも可能です。

一般企業の場合だとこれまでの能力などによって大手の壁が高く感じることもありますが、タクシー会社の場合は7割以上の方が未経験での入社ですので、これまでの能力は一切関係ありません。

ハッキリ言えば早い者勝ちという面も大きくなってきますので、常に求人サイトを見て、見つけたらすぐに応募!ぐらいの気持ちでもいいでしょう。

東京都内のおすすめタクシー会社

70代、80代でも働ける

最近は65歳が定年となっていますが、タクシードライバーなら65歳を過ぎたからと言ってリストラをされるようなことはありません。70代、80代で働かれている方もいます。

もちろん若い時のように隔日勤務、夜勤といった体力的に辛い働き方はできませんが、みなさん「定時勤務」といった勤務スタイルで働かれています。ライフスタイルに合わせて勤務時間が減らせるのもタクシードライバーのメリットだと言えますね。

知識がないので自分でもやっていけるか心配

タクシードライバーになりたいけど一歩踏み出せない方の中には「やっていけるか自信がない」といった理由の方もいます。しかし、先ほども説明した通りタクシー運転手の7割以上が全くの未経験者で、前職は元営業や元自営業、土木の現場、IT技術者といった職歴がバラバラな人たちが働いています。

必要な資格も2種免許のみ。持っていなくてもタクシー会社が資格費用を負担してくれるし、研修やテキストの準備をして「これでもか!」というぐらい叩き込んでくれますので(笑)、お金がなかったり知識に自身がない人でも気軽に入社することができます。

タクシー運転手に必要な資格

現場に出る前には研修が行われ、接客マナーもその時に教えてもらえます。道に関しては自分で勉強する必要があります、こちらは走っているうちに自然と覚えてきます。この部分だけ自分で努力すればいいわけですから、そう考えるとかなり始めやすい仕事ともいえるのではないでしょうか。

01位

転職道.com

★★★★★
タクシー運転手専門の転職サイト!

・東京/神奈川/埼玉/千葉/愛知/大阪のタクシー求人あり
・絶対に見逃せない大手求人もあるから利用しておきたい
・必要な資格や知識もコラムで豊富に掲載!
・今おすすめのタクシー求人を知れる
・電話やメールでプロのコンサルタントに転職の相談ができる