東京エリアでタクシー運転手転職| 給料保障・好条件求人

タクシー運転手に必要な資格

タクシー運転手に必要な資格タクシー運転手に必要な資格は「自動車の第二種運転免許」です。普通の自動車を運転するなら「第一種運転免許」だけでいいのですが、タクシー運転手は第2種が必要となります。

普通は未経験のためにタクシー会社が免許取得費用を負担してくれますので、手持ちに余裕がない方でも気軽にタクシー運転手としてのキャリアをスタートできるように配慮されています。

第二種運転免許を取るための条件は「21歳以上で、大型自動車免許・普通自動車第一種免許・大型特殊免許のいずれかの免許を 取得してからの期間が3年以上の者」。つまり、普通免許を持っていない人はタクシー運転手にはすぐになることはできないというわけですね。

東京・大阪・神奈川では地理試験の合格も必須

東京(東京都特別区・武蔵野市、三鷹市)、大阪、神奈川(横浜市、川崎市、横須賀市および三浦市)のタクシー会社で働く場合には、地理試験に合格することも必須です。試験内容は以下の通り。

  • 道路や交差点の名称の暗記
  • 建造物の把握
  • 駅の所在の把握

タクシードライバーとして働くために必要な内容ですね。これのおかげで土地勘に自信がない人でも、自信を持って現場に出られるとも言えます。

地理試験も独学で学ぶ必要はなく、各タクシー会社がテキストを作ってサポートするようになっています。講習も開かれますので、分からない部分は質問をすることもできます。

介護タクシー運転手に必要な資格

タクシー運転手の中には「介護タクシー」もあります。ただ、こちらも普通のタクシー運転手と同じく第2種の免許があれば働くことができます。

実務経験に関しては特に問われることはありません。

しかし、求人によっては「ヘルパー2級」のような資格が必要となる場合があります。これは運転だけではなく介護の仕事も兼任するためです。全くの未経験からの挑戦だと、資格が増えることでハードルが上がっているように感じてしまうかもしれませんが、必ずしも必要というわけではありませんので、ヘルパー資格の必要がない求人を探してみるのがいいでしょう。

01位

転職道.com

★★★★★
タクシー運転手専門の転職サイト!

・東京/神奈川/埼玉/千葉/愛知/大阪のタクシー求人あり
・絶対に見逃せない大手求人もあるから利用しておきたい
・必要な資格や知識もコラムで豊富に掲載!
・今おすすめのタクシー求人を知れる
・電話やメールでプロのコンサルタントに転職の相談ができる